佐伯泰英

(撮影 中田敬太)

佐伯泰英ウェブサイト

佐伯泰英 さえき やすひで

1942年(昭和17年)2月14日、福岡県北九州市生まれ。
日本大学芸術学部映画学科卒。卒業後、希望の映画の仕事に就けず、今で言うフリーターを数年続ける。コマーシャルの仕事などをするうちに憧れていたスペインへ(1971年、29歳)。いったん帰国、定住のつもりで再びスペインへ。3年後に帰国、撮りためた写真をまとめて『闘牛』を処女出版(1976年 平凡社カラー新書)、ノンフィクション『闘牛士エル・コルドベス 1969年の叛乱』(1981年)で第1回PLAYBOYドキュメントファイル大賞を受賞。
その後、写真家として、またスペインや闘牛をテーマとする作家として活躍、冒険小説、国際謀略小説も発表する。1999年から時代小説に転じるや、熱狂的な支持を得、「書き下ろし文庫時代小説」の国民的人気作家となる。多くのシリーズを持つが、中でも2016年1月に完結した「居眠り磐音 江戸双紙」(双葉社)はシリーズ累計2000万部を超す人気シリーズとなった。

佐伯泰英ウェブサイト
Topに戻る

Copyright(C)2016 双葉社 All Rights Reserved.
(画)蓬田やすひろ